×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◆ニキビのできる原因【偏った食習慣】

チョコレートやスナック菓子をつい食べすぎて、 ニキビができてしまったという人は多いことでしょう。

脂肪分や糖分は、皮脂の材料となります。 過剰な脂肪分や糖分によって、 皮脂の分泌量が増えるのです。

また、脂肪分や糖分は、 皮脂の性質を変化させて、 皮脂を皮膚の外に排出しにくくしてしまうこともわかっています。

毛穴に皮脂が詰まる原因になるのです。

もちろん肥満の原因にもなります。

栄養のバランスが偏ると、 皮膚の健康が保てなくなります。 特にニキビの予防改善に重要な役割を果たしているのがビタミン類です。

ビタミンAが不足すると、古い細胞がたまってしまう角化異常が起こりやすくなり、 皮脂も詰まりやすくなってしまいます。

ビタミンB群が不足すると、 皮脂分泌のコントロール機能が低下したり、 皮膚の抵抗力も弱まってアクネ菌が増殖しやすくなります。

ビタミンCが不足すると、 細胞の再生機能が低下したり、 メラニンの増加が進んでシミができやすくなります。

こうした事態をさけるため、 ビタミン類はしっかり摂取しなければなりません。 また、ニキビや肌のトラブルを招く要因になる便秘を解消するため、 食物繊維の摂取も欠かせません。

◆米国発!最新ニキビケア情報


◆ニキビ・ニキビ跡の治療法


◆ニキビのできる原因


◆ニキビのお手入れ