×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◆背中ニキビを治すには?

顔ニキビや背中ニキビができる原因はひとことでいうと、「毛穴の詰まり」です。 健康な人は、毛穴の奥にある皮脂腺から分泌される皮脂と、 汗腺から出る水分が肌表面で混ざり合って「天然のクリーム」をつくり、肌を守っています。

ところが、なんらかの原因で毛穴が詰まり皮脂が肌の中にとじ込められてしまうと、 顔や背中にニキビができます。

毛穴がつまるのは、10代~20代ならホルモンバランスが不安定で皮脂が多く出るのが原因、 30代以上ならストレス新陳代謝が悪くなり角質が分厚くなるのが原因です。

は、皮脂と水分からつくられる「天然のクリーム」と同じ効果がある薬用ニキビケアです。 人間の細胞は、約3ヶ月くらいでぜんぶ入れ替わるといわれています。 ジュエルレインには、約1ヶ月分の美白ジェルが入っているので、 早い人は使い終わるころにニキビのできにくい健康な肌になります。

効果がすぐに現れない人は、 細胞が全部入れ替わる3ヶ月間を目安に継続して使用してみることをおすすめします。 ジュエルレインで、健やかな肌になって、 どんなときも堂々と魅せられる美しい肌を育成しませんか?

でも、 「今すぐジュエルレインを試してみたいけど…私の肌に合うのかしら…」 と不安になっている人に朗報です。

ジュエルレインを実際使用してみて「かゆみ」や「かぶれ」などの異常が現れたときは、 60日間以内なら「商品代金の全額を返金」してもらえます。 だから、安心して試してみることができますよ!

◆ニキビの間違いケア トップ9

洗いすぎはダメ!

過剰な洗顔は、肌を守る菌まで奪うため、 顔に雑菌が繁殖してニキビができたり、 肌を硬くして毛穴を目立たせます。

ジャンクフードはダメ!

口に入れたものは、 そのまま肌に現れます。 添加物や脂肪、糖分などのとりすぎは、 ニキビ発生の大きな要因に。

太陽にあたるのはダメ!

紫外線を浴び続けると、 肌は自らを守ろうとして硬く分厚くなります。 結果、キメが粗くなって毛穴が際立ちます。

顔ソリはダメ!

うぶ毛というクッションをなくして、 むきだしになった肌は刺激に弱いため、 ニキビなどのトラブルの温床に。

隠すのはダメ!

ファンデーションやコンシーラーでニキビや毛穴を覆い隠すと、 肌が呼吸困難を起こして状態を悪化させます。

ストレスはダメ!

心のストレスは、 体の免疫機能を低下させるので、 結果的に肌にも悪影響が。 お手入れも楽しみながら行いたいもの。

水不足はダメ!

水は美肌の源。 カサカサ肌には陥没(かんぼつ)毛穴が発生しやすく、 ガード機能不足により乾燥ニキビもできやすくなります。

体のリズム知らずはダメ!

女性の体のリズムと、 肌サイクルは密につながっています。 それを把握せずして、 ニキビ・毛穴ケアはありえません。

タバコはダメ!

体内の酸素不足・水不足・血行不良を招き、 肌老化を速めるタバコは当然、 ニキビや毛穴にに悪影響を与えます。


◆なぜニキビができるのか?

ニキビができる原理をひとことでいうと、 「毛穴の詰まり」です。

毛穴の奥にある皮脂腺から分泌される皮脂と、 汗腺から出る水分が肌表面で混ざり合って天然のクリームをつくり、 肌を守っています。

ところが、なんらかの原因で毛穴が詰まり皮脂が肌の中にとじ込まれてしまうと、 ニキビが発生します。

毛穴が詰まる原因は10代、20代はホルモンバランスが不安定で皮脂が多く出るとか、 30代以上ならストレスや、新陳代謝が悪くなり角質が分厚くなるなどが考えられます。 詳しいことは、背中ニキビ跡を治す方法を参照してください。

ニキビの原因を知る手がかりのひとつとして、 「どこにできたか」を見るという方法があります。

  • にプツプツとできるニキビは、 精神的ストレスやそのストレスからくる消化不良などが原因であることが多い。

  • 肝機能や肺は弱っているときは、胃腸が不調なときは口まわりに出やすい。 ともに「美容ビタミン」と呼ばれるビタミンB不足。

  • アゴの下部に白いニキビができたら、過剰なコレステロールを疑ってみる。 運動不足が原因のこともある。

  • 自律神経やホルモンバランスが乱れると、 アゴの中心やサイドにニキビが出やすい。 生理前のニキビもこのあたり。

◆ニキビに効く手のひら使い

ニキビや毛穴を気にする人は、 「ベタベタする」「雑菌がつく」といって、 顔に触れるのを嫌がる傾向にあります。

これはまったく逆です。 手の体温を伝えながら、 圧力を加えたり振動を与えることで肌は元気になり、 水分・脂分のバランスも整い、 ニキビや毛穴が改善されていきます。

ただし、顔に触れる前に手はよく洗ってください。 また、顔には面(筋肉)、線(神経)、点(リンパ)があるので、 意識して手の部位を使い分けてマッサージしましょう。


◆ニキビのクレンジング

ポイントメイクを落とす

不完全なクレンジングは、毛穴の詰まりやニキビ・吹き出物の原因になります。

アイシャドウやファンデーションなどのメイク汚れがいつまでも顔に付着していると、 そこから雑菌が繁殖してニキビや吹き出物ができたり、 汚れがもぐり込んで毛穴を黒く目立たせることがあるのです。

まずは目元・口元のポイントメイクを完全に落とし、それから顔全体のクレンジングへ。 そうすれば、アイメイクや口紅の色素が顔全体に広がることがありません。

ファンデーションを落とす

ジェルやオイルタイプのクレンジング剤で、 力まかせにゴシゴシ汚れをこすり落とす。 ニキビ・毛穴肌の人によく見られるクレンジング法です。 これは逆に汚れを顔にすり込んでいるようなもの。

正しくは、クレンジング剤で、 汚れを浮かせながら落とします。 肌になじみやすくするために、 クレンジング剤は手で温めてから使いましょう。

また、小鼻のまわりなど汚れがたまりやすい部分は、 指先を使って念入りに、 でもやさしくクレンジングします。

クレンジング剤を拭き取る

肌表面のメイクや汚れがクレジング剤となじんだら、 水で湿らせたコットンでいったんそれを拭き取ります。 この「ひと手間」で、次のすすぎがぐっとラクになり、肌の負担も減ります。

顔の内から外、下から上へ、こすらずにやさしく拭き取りましょう。 激しくこすると、毛穴が開いてしまいます。


◆ニキビ・毛穴肌の洗顔とふき方

クレンジングのあとは、 ぬるま湯で顔を20回以上すすぎます。 このとき、原則として洗顔料を使いません。 正しいクレンジングをすれば、 汚れは十分に落ちるからです。

クレンジング後、 さらに洗顔石鹸をする「ダブル洗顔」は、 肌を守ってくれる善玉菌まで追い出して、 かえってニキビや毛穴の状態を悪化させます。

また、ニキビ・毛穴肌の方には週に一度、 スクラブ剤を使って角質ケアをしていただきたい。

肌アカを定期的に取り除き、 肌をやわらかく保てば毛穴が目立たなくなり、 ニキビも出にくい肌になります。


◆ニキビに効く食べ物

ニキビや毛穴問題には水分と栄養分を十分摂って血液をキレイにし、 体質を改善することが大切。 体質改善には約3ヶ月かかると言われています。

口のまわりにニキビが出やすい人は、 消化器系の不調が考えられるので、 ヨーグルトやバナナお粥など、 消化のよいものや、ごぼうこんにゃくなど、 腸の掃除をしてくれる繊維質の多いものがおすすめ。

生理前になると、 アゴのあたりにニキビがでるという人は、 ホルモンバランスを整える食べ物を。 納豆漬物などの発酵食品や、 さば、いわし、さんまといった青背の魚がそれに当たります。

ニキビ予防を強力にサポートしてくれるのが、 ビタミンB類。 レバー、じゃがいも、さけなど、ビタミンB6を含むものは皮膚の炎症を抑えるといわれ、 皮脂のコントロールには、 うなぎ、牛乳、しじみなどに含まれるビタミンB2が有効です。

また、整腸作用が肌にいいので、 朝晩、しょうがのすりおろしとしぼり汁を、 ヨーグルトにトッピングして食べるとよい。


◆ニキビ跡を残さないケア

ニキビができると爪を立ててつぶし、 強引に芯を出す人がいますが、 これはいけません。 表皮を傷つけ、跡を残すことになります。

「ニキビができた」という事実は変えられない。 だったら、いかに軽度でとどめるかを考えましょう。

それをかなえるのが、ツイスト(揺らす)&ピッチング(つまむ)というハンドテクニックと、 美白美容液により色素沈着の抑制。 このケアに取り組めば、 自然に芯が肌の外に出て、ニキビ跡はほとんど残らないはずです。 ツイスト&ピッチングとは…

  • コットンにアルコール入り化粧水を含ませてニキビの上にはり、 その上から指の腹を使って軽く揺らして殺菌。
  • 指の腹でニキビのまわりの筋肉を軽くつまみ、芯をうごかす。 強くつまんで芯を無理に出さないように。
  • やがて芯が自然と出るか、リンパ管に流れる。 美白美容液を含ませたコットンをはる。

Jewl Rainで美しいお肌を育成してください!
60日間の返金保証
詳細はこちらをクリック…

◆米国発!最新ニキビケア情報


◆ニキビ・ニキビ跡の治療法


◆ニキビのできる原因


◆ニキビのお手入れ